“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ウルメイワシ【潤目鰯】料理編

マイワシよりさっぱりとした食味だが、新鮮なものは超美味!

【おいしさ度】★★★★★

新鮮なウルメイワシの刺身は、まったくクセがなくマイワシ以上の鮮烈な味がする。
ただし、鮮度の落ちる早さもマイワシ以上なので、クーラーに大量の氷と海水を入れて「水氷」を作り、釣れたらすぐにそこに投入して活き締めにするとよい。
そのほかにも、塩焼きや煮付け、唐揚げ、フライ、つくねなど、マイワシと同様の料理方法と考えてよい。

【刺身】

新鮮なイワシの刺身を食べられるのは、釣り人の特権。まずは刺身で味わってみたい。さばく時もなるべく温かい手で触らないようにして、すばやくさばくのがおいしく食べる最大のコツ。

【唐揚げ】

数釣りした時は、丸ごと唐揚げにしてしまうのがで頭も骨も食べられるのでお勧め。腹ワタはキッチンバサミを使って腹部だけ切り込みを入れ、氷の入った塩水のなかで洗い流すのが簡単。軽く塩コショウを振って片栗粉をまぶし、カラリと揚げよう。
一度に食べきれないような時は、南蛮漬けにしてしまおう(写真下)。唐揚げを揚げたそばから、醤油・酢・ミリン・唐辛子の小口切り、玉ネギやニンジンの千切りを混ぜた漬け汁に入れていく。
出来たても一晩くらい寝かせたものも、どちらもおいしい。

【オイル煮】

カタクチイワシのオイルサーディン同様、小さめのものはオイルで煮ておくと、骨まで食べられるし、保存もきき、パスタやピザ、サラダなどに使える。
キッチンばさみなどで腹とエラを除き、塩を振ってしばらく置き、水気を拭き取る。
ハーブ(写真はローズマリー)、ニンニク、好みで唐辛子とともにフライパンに並べ、弱火でじっくりと揚げ煮にする。
1週間くらいなら冷蔵で日持ちもする。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.