“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ヒイラギ【鮗】料理編

外道扱いされがちだが、甘みのある白身が美味!

【おいしさ度】★★★★☆

可食部が少なく、ネバネバした粘液や尖ったヒレの棘などが面倒で敬遠されることもあるが、新鮮なヒイラギは、透明感のある白身が美味。
粘液は塩で揉んでから洗い流し、ヒレの棘もキッチンばさみなどで切り落としてから料理するとよい。

大きくて新鮮なものは刺身がお勧め。ほかに、塩焼き、唐揚げ、南蛮漬け、煮付けなどもおいしい。味噌汁や潮汁にしてもいいダシが出る。房総、伊豆、高知などでは、体長5㎝足らずの小型のヒイラギ(オキヒイラギやヒメヒイラギの場合もある)を丸干ししたものがよく売られている。軽くあぶると、頭や骨ごとカリッと食べられて、酒肴にぴったり。空煎りしたものを、田作りのように甘辛く味付けしてもおいしい。

【刺身】

ある程度型のよいものでないと、身が薄く三枚におろしにくいが、味はとてもよく、シロギスなどとは違ったおいしさが堪能できる。
粘液を洗い流した後、三枚におろして皮を引き、そぎ切りにして盛りつける。

 

【唐揚げ】

小型のものなら、丸揚げにすれば骨ごと食べられる。ヒレの先端は切り落とすと口の中で刺さらない。内臓とエラを取り、塩コショウで下味をつけ、片栗粉を振ってカラリと揚げる。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.