さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ハリセンボン【針千本】釣魚料理編

形がユニークなハリセンボン。沖縄では意外に食卓でポピュラーな魚!

 

【おいしさ度】★★★★☆

身や皮などに毒はないので、ふぐ調理師免許がなくても調理できる。ただし、卵巣には毒があるとされているので食べないのが無難。さばく際には、口のまわりから皮に切れ目を入れ、皮を剥いでいくと簡単だ。棘が手に刺さると痛いので、手袋をしたりペンチなどでつまんで作業するとよい。
腹の部分はほとんど皮だけなので可食部が少ないが、白身で味はよく、肝も加えて鍋物や味噌汁などにするとウマミたっぷりのダシが出ておいしい。唐揚げや煮付けにしても美味。

【味噌汁】

味噌汁は「アバサー汁」と呼ばれ、沖縄ではポピュラーな料理(生態のページ参照)。ぶつ切りにして、アクを取りながら煮て、肝があれば叩いて加え、味噌で味付けして仕上げにネギを散らす。

【唐揚げ】

さばいたハリセンボンに、塩コショウ、または醤油と酒などで下味をつけ、片栗粉をまぶして揚げる。骨についた身をかぶりついて食べると美味。

【カレーうどん】

骨から良いダシが出るので、具を多くして鍋仕立てすると美味。さらに締めでカレールーとうどんを入れて、ひと煮したカレーうどんも絶品。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.