さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

クロウシノシタ【黒牛舌】料理編

ムニエルでおなじみの魚!干物や唐揚げ、塩焼きなども美味

【おいしさ度】★★★★☆

日本ではそれほど好んで食べられる魚ではなかったが、フランス料理でおなじみの「シタビラメのムニエル」がポピュラーになってからよく食べられるようになった。
料理方法は、やはりムニエルが定番。皮を剥いで焼くとするレシピもあるが、細かいウロコだけを金ダワシなどでこすり取り、皮は付けたまま焼いたほうが、皮のパリパリとした香ばしさと旨みを味わえる。
そのほか、干物や煮付け、塩焼きも美味。小型は唐揚げにすれば骨ごといただける。大型のものが釣れたら、刺身や昆布締めにするのも絶品だ。

【ムニエル】

定番のムニエル。裏側から内臓を取り、できればエラも取り去り、ウロコをこすり落としてから塩コショウで下味をつける。フライパンに油を多めに敷き、小麦粉を薄くはたいて両面をパリッと焼き上げる。バターとレモンで仕上げたり、フライパンに残った油に醤油などを足して、好みのソースを作ってかけていただこう。

【唐揚げ】

小型のものは、唐揚げにしてしまうのが簡単。下ごしらえをした後、塩コショウで下味をつけ、片栗粉をはたいてカラリと揚げる。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.