“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ヒラマサ【平政】料理編

ブリと同様、刺身、焼き物など、さまざまな料理で美味!

【おいしさ度】★★★★☆

ヒラマサの身はブリよりも脂肪が少なく、歯応えがある。夏が旬で、全長1m未満の若魚が美味とされるが、秋のほうが脂が乗っておいしいとする向きもある。

また、ヒラマサの身にはEPA、DHA、ビタミンD、ビタミンAなどが多量に含まれている。EPAは血流をスムーズにし、ビタミンDはカルシウムやリンの吸収を促してくれる。

さまざまな料理に向く魚で、刺身や寿司、づけ丼、照り焼き、塩焼き、煮魚などでおいしくいただける。フライやムニエルにして、控えめな脂を補うのもお勧めだ。料理方法は、ブリカンパチとほぼ同様と考えてよいだろう。

【ユッケ風】

ユッケ風タタキは、粗く刻んだヒラマサの身に、刻みタマネギを合わせてさらに叩き、醤油・ミリン・ごま油・ゴマを混ぜたタレをかけていただく。ごま油や卵が加わることで、脂が控えめなヒラマサの身が、こってりとした味わいになる。

【づけ丼】

三枚におろしてさく取りし、皮を引いてから適当な厚みに切ったヒラマサの身を、醤油とミリンの漬け汁にしばらく浸す。
ご飯(酢飯でもOK)の上に並べ、ワサビ、刻み海苔などを添えていただく。薬味はネギ、大葉、ゴマ、甘酢漬けショウガ等好みのものを。

【粕汁】

アラは粕汁にするといい。大根、ニンジン、ごぼうなどとこんにゃく、ダシ昆布を煮てから、塩を振ってしばらく置き、塩を洗い流したアラを入れて煮る。その後酒粕を溶かし入れ。最後に醤油や味噌で味を調えてでき上がり。身体がポカポカ温まる汁物だ。

【しゃぶしゃぶ】

さく取りした身は薄切りにして皿に並べておく。野菜(白菜、ネギ、キノコ類、春菊など)、豆腐なども適宜カットしておく。
土鍋に昆布を敷いて火にかけ、煮立ったら薄切りにしたヒラマサの身を泳がせて、野菜を煮ていただく。タレはゴマだれ、ポン酢など好みで。
残った汁でうどんや雑炊などを作ると美味。

【ピリ辛刺身】

ブリよりもサッパリしたヒラマサは、香味野菜で味のアクセントを付けるのもオススメ。小型で脂ののりの少ないものでもおいしくいただける。
醤油・ミリン・酒を混ぜたタレ(一度煮立たせて冷ますとベター)に、適度なサイズに切った身を漬け、刻んだニンニク、白ゴマ、ショウガ、大葉を混ぜ、しばらく漬けてからいただく。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.