さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ギマ【銀馬・擬麻】料理編

粘液を洗い、厚い皮をカワハギのように皮を剥いで料理する珍魚

【おいしさ度】★★★★☆

一般にはあまり市販される魚ではないが、浜名湖周辺、愛知県三河地方などでは、夏場にスーパーや鮮魚店などで売られていることも多い。体表は大量の粘液でヌルヌルしているため、まずはタワシなどで粘液を洗い流し、カワハギウマヅラハギと同じように棘やヒレ、頭を切り落とし、皮を剥いでから料理する。カワハギよりも皮が硬くて厚いため、ペンチなどでつまんで引っ張ると剥がしやすい。
カワハギ同様、旬は肝が大きくなる冬とされるが、夏のギマも美味。普通の刺身でももちろんいいが、脂が多い身質なのでマリネや酢締めなどでさっぱりといただくのもオツな味わい。鍋物、味噌汁、干物、唐揚げ、煮付けなどでもおいしい。
↓こちらもあわせてどうぞ



 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.