“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

クロマグロ【黒鮪】料理編

「黒いダイヤ」と呼ばれ、マグロのなかでも最高級!

【おいしさ度】★★★★☆

クロマグロの身には、頭の働きをよくするDHA、成人病を予防するEPA、動脈硬化を防ぐタウリン、貧血を予防する鉄分、そして、良質のタンパク質、ビタミン、ミネラルなどを豊富に含んでいる。生で刺身や握り寿司、丼、マリネ、ユッケ、タルタルなどにするのはもちろん、ねぎま鍋、カツ、ステーキなども美味しい。
身以外もほとんど捨てるところはなく、頭や血合い、目玉、内臓などもおいしくいただける。中骨から掻き落とした身も、ネギトロなどでおなじみだ。頭部に隠れた部分を「八の身」というが、ここも脂があっておいしい。

【刺身】

刺身にする場合は、身をさく取りした後、冷蔵庫で数日間寝かせておくとウマミが増しておいしくなる。

 

【カブト焼き】

頭はそのまま料理するカブト焼きが豪快、かつ美味。
作り方は、適量の塩をまぶしてしばらく置いてからアルミホイルで包んで直火で焼くだけだが、その味は繊細そのもの。
目玉の周り、頬肉、カマなど部位によって、いろいろな味わいも楽しめる。ぜひ、試してみたい。

【モツ煮】

内臓はモツ煮にしてみるとおいしい。胃袋や腸は、切り開いて内容物やぬめりを落として洗ってから、圧力鍋などで柔らかく茹で、適当な大きさに切る。ダシの素、モツ、ショウガの薄切り、にんにく、水を入れて煮て、ちぎったコンニャク、切った大根、にんじん、ごぼうを加えて煮込む。味噌、ミリン、醤油などで味を整える。牛や豚のモツ煮より、あっさりした食感。

【目玉の煮付け】

一度ゆでこぼして、血などを取り除いてから、醤油・ミリン・酒で煮付ける。
DHA、EPA、ビタミンB1がたっぷりで、疲労回復や集中力アップ、アンチエイジングなどに効きそう!?

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.