さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

イイダコ【飯蛸】釣魚料理編

小型なタコではの、プリッとしていながら、柔らかな食感がGood

【おいしさ度】★★★★★

食味の旬は夏場だが、冬の胴の内部に卵を抱えた雌も珍重される。栄養的にも、低カロリーでミネラルやビタミンなどのバランスもよく、血圧やコレステロール値を下げる働きをするといわれているタウリンが豊富に含まれている。
独特のヌメリがあるので、胴内部の墨袋を一度胴をひっくり返して取り除く。型の良いものは脚の真ん中の嘴も除くと食感が良くなる。
その後塩で揉み、水洗いしたあとに、サッと茹でてから食べるのが基本だ。(こちらのページに詳しいさばき方を紹介しています)
下記の料理方法のほか、おでん種、煮物などで美味。

【ゆでイイダコ】

上記の下処理をして茹であげたものを、ワサビ醤油、ショウガ醤油、酢味噌などでいただこう。

【生イイダコ】

墨袋をとって、塩で揉んだあと塩を洗い流して適当なぶつ切りにする(目の周りは取り除く)
塩とゴマ油で和え、長ネギを散らせばOK。口の中で吸盤が張り付くような独特の食感はやみつきになる味。

【唐揚げ】

下茹でをしたイイダコに軽く塩コショウを振り(塩揉みした時の塩気が若干あるので、軽めに)
片栗粉をまぶして揚げる。醤油+酒の下味でもよい。

【イイダコ飯】

具のニンジン、ゴボウ、油揚げは千切りにして、研いだ米に醤油、酒、塩を入れて水加減し、具とイイダコをのせてたきあげる。

【バターソテー】

下茹でしたイイダコをフライパンにバターを溶かし、軽くソテーし、塩コショウで味付けするだけ。下茹でさえしておけば、あっという間に完成!

 

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.