さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

オニカサゴ【鬼笠子】釣魚料理編

アラからいいダシが出るオニカサゴ。それをいかした料理方法が◎

【おいしさ度】★★★★☆

プリプリとした食感の白身で、年間を通じてあまり味が変わらずにおいしくいただける。釣れたては弾力が強いので、軟らかく熟成した味わいが好みの場合は1~2日寝かせてから料理するといい。
刺身はもちろん、煮付け、唐揚げ、塩焼きといった定番料理、頭や骨も使ったブイヤベースや酒蒸し、ホイル焼き、アラでダシを取った鍋物などで美味。皮はやや硬いがウマミがあるため、刺身の場合は霜造りにするのもお勧め。
なお、オニカサゴの背ビレ、尻ビレ、エラブタの縁にある棘に指などを刺されるとズキズキして腫れることがある。釣り上げたら、すみやかにキッチンばさみなどを使って棘をカットしてから持ち帰るといい。

【ホイル焼き】

切り身に塩・コショウを振り、ホイルの上にきのこ類や玉ネギなど好みの野菜と一緒にのせ、バターと白ワインをかけてホイルを閉じる。オーブントースターやグリルなどで蒸し焼きにし、レモンやポン酢などをかけていただこう。

【中華サラダ風】

もちろん、普通の刺身でも美味しいが、目先を変えてみるのもよい。千切りの大根、ニンジン、紫玉ネギ、水菜などの上に薄くそぎ切りにしたオニカサゴの身を並べ、醤油、酢、ゴマ油、おろしショウガなどでドレッシングを作り(または市販の中華ドレッシングなど)かけ、ゴマやネギなどをトッピングする。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.