さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ネズミゴチ【鼠鯒】釣魚料理編

“メゴチ”の皮引きにはちょっとコツが必要だが、慣れれば簡単!

 

【おいしさ度】★★★★☆

一般に「メゴチ」と呼ばれ、シロギス釣りの外道扱いでありながら、シロギスよりウマミが濃く、よりおいしいとする釣り人が多い。
刺身や天ぷらがポピュラーな料理方法で、唐揚げ、一夜干し、煮付けも美味。
ただし、全身にヌメリがあり、体形も特殊なため、独特の方法で下ごしらえをする必要がある。
まずはヌメリを取るために塩で揉み、洗い流しておく。刺身など皮をはいで使う場合は、①背ビレの後ろから包丁を入れて背ビレを付け根から切り、②そのまま頭の後ろを腹の皮一枚残して断ち落とす。③そのまま背骨の端を刃先で押さえて頭を引っ張ると、頭と腹ワタ、皮がつながって取れる。④あとは、刺身なら中骨を除いて三枚おろしに、天ぷらなら尾の付け根でつなげた松葉おろしにすればいい。
火を通す料理方法の場合は、頭を先に落としてしまい、皮つきのまま背骨にそっておろせば良いので、簡単だ。

メゴチをおろす手順の③。頭をしっかりと持ち、一気に皮を剥ぐのがコツ

【天ぷら】

生きている時の姿形からは想像できないような甘みのある上品な美味しさがネズミゴチの持ち味。皮は引いてもそのままでもどちらでも良いが、尾の部分で両側の身がつながった「松葉おろし」にして、天ぷら衣をつけてカラリと揚げる。

【刺身】

釣れたてのものは、ぜひ刺身でも味わってみたい。上記の方法で頭と皮と内臓を取り去り、背骨に沿って身をおろす。腹骨がのこっていれば切り取り、そぎ切りにして、皿に盛りつける。

【唐揚げ】

天ぷらも良いが、身に下味をつけ、片栗粉を振ってあげた唐揚げもオススメ。下味はシンプルに塩こしょうでも良いし、醤油と酒で竜田揚げ風にしてもよい。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.