“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

シマアジ【縞鯵】料理編

市場では天然ものは高級魚!まずは刺身でいただこう

【おいしさ度】★★★★★

シマアジは、市場に並ぶほとんどが養殖物で天然物は少ない。天然物は非常に高価で、中型の2~3㎏で1万~2万円することもある。養殖物は価格が安定しているとはいえ、キロ当たり2,000~3,000円とやはり高価な魚だ。

旬は夏〜秋。ただし、小型のものは年間を通して美味で、とくに冬場は最高においしい。一番味がいいのは、全長30~40㎝、1~2㎏の若魚といわれている。マダイのような上品さのなかに、アジ独特のウマミが含まれており、脂も上質でクセがない。

シマアジの脂質には、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれている。これは、血栓の抑制や動脈硬化の予防、脳細胞の活性化に役立つ。ほかにも、糖質のエネルギー代謝を促進するビタミンB1、タンパク質のエネルギー代謝を活発にさせるビタミンB6、カルシウムの吸収を補助する作用があるビタミンDなども多い。

刺身や寿司ネタのほか、塩焼き、照り焼き、煮付け、竜田揚げ、味噌漬けや粕漬け、洋風なら、ムニエルやフライにしても非常においしくいただける。身質としては、同じ大型のアジ科の魚であるブリカンパチなどと似ているので、シマアジに適した料理方法もほぼ同様と考えて良い。

【刺身】

シマアジは、なんといっても刺身か寿司ネタが最高。づけや酢締め、味噌タタキなども美味だ。
三枚におろしてさく取りし、皮をひいた後、適度な厚さに切り、ツマを用意した皿に盛りつける。

 

【ステーキ】

シマアジの身に塩・コショウを振り、小麦粉をはたいてから油を敷いたフライパンで両面を焼く。別途、薄切りにしたタマネギを炒め、しんなりしたらバターと醤油で味つけし、魚の上にたっぷりとかける。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.