さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

マハタ【真羽太】料理編

天然ものは高級魚!プリプリとした白身が美味!

【おいしさ度】★★★★★

ハタ類のなかではクエと並んで高級魚として扱われており、長崎県などではマダイよりも珍重されている。
一般的にはあまり店頭に並ぶ魚ではなく、料亭などで使われることが多い。また、養殖技術の進歩により、市場で出まわっているのは養殖魚が多く、天然の水揚げは非常に少ない。
旬は夏で、透明感のあるプリプリとした白身が特徴。大型のものほど肉質が硬いので、刺身の場合は2~3日冷蔵庫で熟成させてから薄造りにするといい。アラからもいいダシと上質の脂が出るので、潮汁や鍋物も絶品。フライや煮付け、ムニエルなどにしてもおいしい。また、皮や腸、胃袋は湯引きに、心臓や肝は煮付けや塩焼きにしてもおいしく、捨てるところはほとんどない。
↓こちらもあわせてどうぞ



 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.