“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

イシナギ【石投】料理編

老成魚は中毒の可能性があるので、小〜中型のものをいただこう

【おいしさ度】★★★★☆

イシナギの旬は夏。巨大なものはさばくのも大変で、身も硬くなり、魚というよりは鶏胸肉のような食感になる。
このため、魚らしいおいしさを味わうには中型程度までのものがよい。刺身、塩焼き、照り焼き、煮付け、鍋物、フライなどが定番の料理方法だ。

成魚の肝臓は多量のビタミンAを含み、食べると中毒を起こすため、食品衛生法で肝臓の食用は禁止されている。症状は頭痛、嘔吐、下痢、腹痛など。老成魚は身の脂でも当たるとされるので、あまり巨大なものは食べないほうがよいだろう(参照・厚生労働省・自然毒のリスクプロファイル

【照り焼き】

切り身サイズにさばいたイシナギに、軽く小麦粉をはたいてフライパンで両面を焼き、醤油・ミリン・酒を入れて煮詰めながらからめる。

【味噌漬け】

味噌とミリンを好みの味で混ぜたところに、切り身サイズにしたイシナギを半日〜1日ほど漬ける。
好みの漬かり具合になったら味噌床から引き上げて、ラップなどでくるんで保管し、食べる時は味噌をぬぐい落として、焦げないように弱めの火で焼く。

【竜田揚げ】

食べやすいサイズに切ったイシナギの身を、醤油・酒・おろしショウガにしばらく漬け、片栗粉をまぶして揚げる。
好みで豆板醤を入れてピリ辛にしたり、ニンニク風味にしたりしてもOK。

【ピカタ】

一口大に切った身に軽く塩こしょうをした後、小麦粉をはたき、溶き卵(好みで粉チーズやパセリなどを混ぜても)にくぐらせ、
フライパンで焼く。ケチャップを添えていただこう。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.