さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

タカノハダイ【鷹羽鯛】料理編

少々磯臭さが気になるが、透明感のある白身が美しい

【おいしさ度】★★★☆☆

タカノハダイは身は質の良い白身だが、独特の磯臭さが気になることもあり、あまり食用にされないことも多い。雑食性で海藻類も食べるため、海藻が切れて腐る夏場はどうしても身が磯臭くなりやすいが、釣れるエリアによって、あるいは冬場のタカノハダイは磯臭さとは無縁で、おいしく食べることができる。
釣れたタカノハダイは、スカリで活かしておくより、すぐに活き締めして内臓を傷つけないように取り去り、クーラーボックスで保冷して持ち帰るとよい。上手に活き締めできていれば、その意外なおいしさに驚かされる。
刺身や洗いのほか、煮付けや唐揚げ、ムニエル、塩焼きなどもお勧め。鍋物や味噌汁にしてもいいダシが出る。
背ビレは棘が鋭いので、さばくときには注意しよう。

【オーブングリル】

きちんと活き締めして内臓を除いていただけば、さっぱりとした白身でおいしい。塩コショウと好みのハーブを両面に振り、にんじんとカボチャと共にグリル用の天板に並べてオリーブ油を回しかけてからオーブンで焼き上げる。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.