さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

タマガンゾウビラメ【玉雁瘡平目】料理編

ヒラメより柔らいが、同様の料理方法でいただける

【おいしさ度】★★★☆☆

身質がヒラメに比べてやや軟らかいが、新鮮なものは刺身や昆布締めでおいしい。ほかにも唐揚げ、煮付け、塩焼き、ムニエルなど、ヒラメやカレイなどと同様の料理方法でいただける。
おろす場合は、ヒラメと同様に片身を側線で分けて上身の背と腹、下身の背と腹、中骨に分ける「五枚下ろし」にするが、小型なので頭を落として先に皮を引き、身を側線の部分からそぐようにするとよい。
冬の瀬戸内海では、身を塩水で洗ってから冷たい潮風でカラカラに乾燥させた、「でびら」「でべら」と呼ばれる干物が名物。酒の肴としてあぶって食べたり、お雑煮に入れたり、ほぐしたものを味噌と合わせ、お茶をかけて食べる「でべら茶漬け」などにされる。焼く前に木槌で叩くと、骨離れがよくなるという。

【干物・お茶漬け】

自分で干物を作る場合は、裏側から内臓とエラを取り、塩水に漬けた後、網の上などに並べて半日ほど天日干しする。さっと焼いて、七味マヨネーズを付けて食べるのも美味しい。
干物を丸揚げにしたり、下の写真のように身をほぐしたものをご飯にのせ、刻み海苔、ワサビ、ゴマなどを添えてお茶漬けにするのも、さっぱりとしていて美味しい。

【唐揚げ】

型の良いものは、唐揚げや煮付けが美味しい。スチールウールなどでウロコをこすり、エラと内臓を除いてから塩コショウを振り、片栗粉をまぶしてカラッと揚げる。
タマガンゾウビラメ唐揚げ

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.