“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

アカエイ【赤鱏】料理編

鮮度が落ちるとアンモニア臭が出る。新鮮なうちに料理しよう!

【おいしさ度】★★★☆☆

アカエイのクセのない白身は、実はかなり美味。沿岸部などでは、網などで漁獲されたものが店頭で売られている地域もある。
釣って持ち帰る場合は、尾を靴でしっかり踏みつけ、ペンチなどで毒バリをカットするか、尾を付け根から切り落としてからクーラーなどに入れて鮮度を保って持ち帰る。時間が経つと、体内に含まれる尿素が発酵してアンモニア臭が強くなるので、鮮度のいいうちに食べよう。

新鮮なものは刺身、湯引きなどで、そのほかに煮付け、唐揚げ、ムニエル、フライ、味噌汁などさまざまな料理で味わえる。ヒレの軟骨は干して珍味「エイヒレ」に。

【煮付け】

ぶつ切りにしたアカエイの身は、醤油・酒・ミリンを合わせた煮汁で、他の魚と同様煮付けにする。ゴボウ、タケノコ、レンコンなどを添えても美味。
煮汁とほぐした身で煮こごりにするのもオススメだ。

【刺身】

時間が経つと臭みが出やすいので、新鮮なうちは刺身でもいける。
軟骨を除き、薄切りにして盛りつける。ワサビ醤油のほか酢味噌を添えてもOK。

【唐揚げ】

食べやすいサイズに切って、片栗粉をまぶして揚げる。
下味は塩コショウのシンプルな味付けでも、醤油・酒・おろしショウガで、竜田揚げ風にしても、どちらも美味しい。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.