さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ニザダイ【仁座鯛】料理編

磯臭さ防止は、活き締めと下ごしらえが重要。皮は剥いで使おう

【おいしさ度】★★★☆☆

磯臭いといわれるニザダイだが、きちんと下ごしらえすれば、臭みはまったく気にならない。釣れた際には活き締めをし、可能であれば内臓を除いて腹の内部をよく洗ってから持ち帰るとよい。また、ウロコは細かくて皮に密着しているので、カワハギと同様に皮を剥いでから調理する。
冬場のニザダイは臭みが薄れて脂がのり、非常に美味。刺身や洗いのほか、ムニエル、フライ、唐揚げ、鍋物などでいただける。
↓こちらもあわせてどうぞ



 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.