さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

タカベ【鰖・高部】料理編

夏が旬のさっぱりとした味わいの白身魚

【おいしさ度】★★★★☆

タカベは、タンパク質、カルシウム、脂肪、ビタミンなどの栄養素が含まれており、脂質にはDHAやEPAなどの高度不飽和脂肪酸が豊富。生の時はピンク色の美しい身で、火を通すと柔らかな白身になる。
タカベの旬は、好釣期でもある6~8月の約3ヶ月。新鮮なものは刺身やタタキでいただいても大変おいしく、そのほかに塩焼きが定番。脂があるのにさっぱりとした口あたりで、梅雨の時期にぴったりの魚である。煮付けや一夜干し、蒸し物なども格別。

【中華風蒸し物】

タカベは、ウロコ、内臓、エラを酉、塩コショウを振っておく。キノコ類、刻んだネギを散らし、日本酒をかけて蒸し上げる。出来上がってから熱したゴマ油をまわしかける。好みで醤油をかけていただこう。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.