“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

コノシロ【子之代・飯代魚・鰶・鮗】料理編

酢締めの寿司ネタでおなじみ。小骨が多いので骨切りするとよい

【おいしさ度】★★★☆☆

一般的に、コノシロの旬は秋~冬とされている。ただし、大きさによって別種の味わいがあるので、産卵期を除くといつでもおいしい。コノシロの脂質には、血栓防止などに効果的なEPAや、脳神経細胞機能の維持に役立つDHAが含まれている。

小骨が多い魚なので、酢で締めて骨の主成分のカルシウムを変質させ、柔らかくしてから丸ごと食べたり、揚げてから酢に浸けるなどするか、あらかじめ細かく切り込みを入れ、骨切りをしたうえで料理をするとよい。
塩焼き、ソテー、唐揚げ、天ぷらなどでもいただける。

【酢締め】

一般的に、コノシロは生の刺身ではなく酢締めにしていただくことが多い。三枚におろして小骨をなるべく抜き、塩を振るか塩水につけてしばらく置いてから酢に漬ける。そのままでいただくか、寿司ネタ(下)にしてもいい。
お正月に流通するる粟漬けは、酢に浸けたコノシロを、さらに粟粒や唐辛子や柚子の千切りを散らしながら重ね漬けしたもの。

【竜田揚げ】

酢締めのイメージが強いが、骨切りさえすれば、他の魚同様、揚げ物も美味。
まずは三枚におろした身の腹骨をすき取ってから、皮まで切れてしまわないように注意しながら身に切り込みを入れ、骨切りをする(ハモなどの骨切りの要領で)。あとは食べやすいサイズに切り、醤油・酒・おろしショウガの漬け汁にしばらく浸してから、片栗粉を振ってカラリと揚げる。

【南蛮漬け】

骨切りして食べやすく切った身に塩コショウを振り、片栗粉をふって唐揚げにする。
醤油、酢、ミリンなどを混ぜて南蛮酢を作り、玉ねぎやニンジン、絹さやなどの細切り、赤唐辛子の小口切りを加え、コノシロを揚げたそばから漬けて行く。出来立てもしばらく置いてしっとり軟らかくなってもどちらも美味しい。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.