“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

アオリイカ【障泥烏賊】料理編

イカ類のなかで、最も美味とされる。甘みがあって柔らか!

【おいしさ度】★★★★★

アオリイカの身は厚みがあって軟らかく、ねっとりと甘味のある食感。イカのなかでもっとも美味しいとされ、一般的には高値で取引されている。
刺身や寿司、マリネ、漬け丼などで生食するほか、醤油焼き、ソテー、煮物、揚げ物、一夜干しなどさまざまな料理方法が楽しめる。
おいしさと鮮度を保つには、「活き締め」をすることが大切。方法は、目と目の間にナイフかキリなどの尖ったものを突き立てて締めるのが確実だ。

【イカ墨パスタ】

スミイカほどの量はないが、ていねいにさばいて墨袋を取り出せば、アオリイカの墨も料理に使える。
オリーブ油を熱したフライパンに、みじん切りのニンニク、小口切りの唐辛子、トマト缶を炒め、墨袋から墨をしごき出して加える。
白ワイン、塩、コショウで味を整えて、ゆであげたパスタを絡めれば完成。
ソテーしたイカの身を添えればなお良い。

【沖漬けのルイベ】

スルメなどでおなじみの沖漬けも美味だが、それをさらに冷凍したルイベも絶品。
醤油、みりん、日本酒を適量煮立てて冷ました漬け汁に、新鮮なアオリイカを入れて2、3日冷蔵したものをさらに冷凍する。
凍ったままスライスし、半分溶けかかった状態でいただく。ワタのネットリ感がやみつきの味わい。

【握り寿司】

刺身はもちろんのこと、握り寿司にして味わうのもオススメ。ねっとりと甘いアオリイカのおいしさを堪能しよう。
さばいたイカはそのままでも良いが、表面に浅く細かく切り込みを入れると、食べやすくなる。
ネタのサイズに切り分け、酢飯を握り、ワサビを塗り、イカの身をのせて握りあげる。

【イカキムチ丼】

シンプルな刺身に飽きたら、丼ものなどもオススメ。胴を抜いて皮をむき、開いてから5cm程度の長さに切り、さらに5mm幅程度に刻む。キムチの素と和えて、好みで醤油を加えてから丼飯の上に載せ、カイワレ、海苔、卵の黄身を落とす。豪快に混ぜていただこう。

【イカドック】

イカをよくたたき、ミンチ状にして、塩コショウで味を整えてから、平たい丸型にして両面を焼く。
ふたつに切ってドッグパンにはさみ、レタスやチーズ、千切りキャベツなど好みの具材を足せば、ちょっとしたランチにもぴったり。

【ちゃんぽん】

塩味のインスタントラーメンに牛乳を少量加えると、ちゃんぽん風になる(もちろん、最初からちゃんぽん用の麺とスープを使ってもOK!)。
その際に、食べやすいサイズに切ったイカの身やゲソを加えると、イカのウマミが溶け出してさらに美味しい。仕上げにバターをのせると、コクが出てさらに美味しさアップ!

【竜田揚げ】

簡単で美味しいおかずの王道。イカはワタと内臓を除き、ゲソは目玉とくちばしを除いてそれぞれ食べやすく切る。醤油・酒・おろしショウガを混ぜた液にしばらく浸し、片栗粉をまぶして揚げる。

 

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.