“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

カサゴ【笠子】料理編

根魚特有のプリプリした白身。ダシたっぷりのアラも活用したい

【おいしさ度】★★★★☆

一年中おいしく食べられる魚だが、旬は冬〜春。身は引き締まっていて、クセのない上品な味わいである。ただし、白身魚の割には鮮度が落ちるのが早いので、釣ったらすぐに締めてクーラーボックスなどに入れて鮮度を落とさないようにしたい。また、頭や背ビレの棘が鋭いので、さばくときに手を怪我しないよう気をつけること。
また、よく似たイソカサゴやミノカサゴは、棘に読を持つため、刺さるとズキズキと痛む。取り扱いには十分注意しよう。

どんな料理にも合うが、刺身にすると取れる身が少なくなってしまう。ブイヤベースや味噌汁など、汁物にするとダシが出ておいしくいただける。小型の魚は唐揚げや煮付けにするのが簡単。二度揚げすれば骨も食べることができる。

【唐揚げ】

小型のカサゴは、唐揚げが簡単で美味しくオススメ。背ビレのきわに背骨に達するまで切り込みを入れると、火が通り安く、姿揚げにしたとき見栄えがいい。
最初は低めの油温で揚げはじめ、徐々に温度を上げていくとカラリと仕上がる。

【煮付け】

メバルをはじめとして、煮魚全般によくあう煮付け。鍋に酒:ミリン:醤油を1:1:1(醤油はやや少なめ)で入れて煮立て、カサゴを入れて落としブタをして、10分ほど煮る。

【塩焼き】

シンプルに塩焼きにするのも、プリプリとした身が美味。ウロコ、エラ、腹ワタを除き、よく洗って水気を拭き取って、塩をふってしばらく置く。その後グリルなどで焼き上げる。

【ホイル蒸し】

骨からいいダシが出るので、蒸し焼きにしたものは煮汁も絶品。アルミホイルにバターを塗り、キノコ、玉ネギなどを敷いて塩コショウを振っておいたカサゴを置く。白ワインをかけてホイルを閉じ、オーブントースターやガス台のグリルで蒸し焼きにする。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.