“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

イサキ【伊佐木・鶏魚】料理編

さっぱりとして、かつ脂ののった美しいピンク色の身の魚

【おいしさ度】★★★★☆

関東では初夏を告げる魚ともいわれるイサキは、食味が良く、栄養のバランスもいい人気魚だ。

脂がのった身はどんな料理にも合う。刺身はもちろん、塩焼き、煮付け、香草焼き、唐揚げのあんかけ、スパイスを利かせたエスニック風料理など、さまざまな調理法を試せる。皮も、湯引きして皮霜づくりにすればおいしくいただける。また、産卵期を迎えた雄の白子や雌の真子もおいしい。

なお、イサキの背ビレの棘は非常に硬く、このことから紀州ではイサキのことを「カジヤゴロシ」というほど。丸のまま調理して食べる場合は、のどに刺さらないよう注意しよう。

【刺身・カルパッチョ】

新鮮なものは、もちろん刺身で美味。オリーブ油などでドレッシングを作ってかけたカルパッチョもお勧めだ。
また、ネギや味噌などと一緒にたたいたなめろうにするのも美味しい。

 

【蒸し物】

煮る・蒸すなどの調理方法では、非常に骨離れがよく食べやすいのもイサキの特徴。
ウロコや内臓、エラを取った後に塩・コショウを振り、きのこ類などと皿にのせて日本酒をかけ、蒸したものも絶品。
仕上げに醤油とネギを散らし、熱したゴマ油をかけてからいただこう。

【干物】

たくさん釣れる魚なので、日持ちさせるために干物などにするのも方法。
アジの干物を作るときと同様に、開いて内蔵やエラを除き、塩水にしばらく漬けてから半日ほど干す。

 

【グリル】

普通の塩焼きでも美味しいが、塩コショウを振り、オリーブ油をまわしかけて、オーブンなどでグリルするのもお勧め。付け合わせにニンニク、じゃがいも、ズッキーニなどを添えれば、栄養のバランスも良い。
ローズマリー、オレガノなど好みのハーブを散らして焼けば、香草焼きになる。

【アクアパッツァ】

洋風の煮付け・アクアパッツァも超お勧め。塩コショウを振った後、フライパンでスライスしたニンニクとともに両面を焼き、
白ワイン、水少々を入れ、好みの野菜(写真はブロッコリーと半干しにしたミニトマト)、アサリを足して、蓋をして蒸し煮にする。
イサキとアサリのウマミのしみ出た汁が絶品なので、余さずいただこう。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.