さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ムロアジ【室鯵】料理編

くさやでおなじみ! 釣れたては刺身でも美味。

【おいしさ度】★★★☆☆

マアジと比較して、脂肪分やウマミが少なく、血合いが多いことから、くさやを代表とした干物にされることが多い。そのほか、燻製にして硬く干した鯵節(ムロ節)は、鰹節と同様にそばつゆやうどん汁、煮物のダシを取るために利用される。
鮮度が落ちるのが早い魚だが、釣ったばかりの新鮮なものなら刺身やナメロウなど、生でいただくのもお勧め。小型のものはフライにすると骨までおいしくいただける。そのほか、焼き魚や煮付け、唐揚げなど、マアジ同様のバリエーションを楽しめる。

【干物】

市販のくさやのような強烈な香りと味わいを出すには、長年の蓄積が必要だが、通常の干物なら簡単。
開いて腹ワタとエラを除いてから、海水程度の塩水に数日間漬け、半日ほど干しあげる。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.