“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

アコウダイ【阿候鯛・赤魚鯛】料理編

赤い皮の美しさが料理に映える。冬の脂ののった身は絶品!

【おいしさ度】★★★★☆

冬はとくに脂がのって美味。釣りたてよりも、おろした身を2~3日ほど冷蔵庫で寝かせたほうが味わいが増す。
刺身にするなら、皮を付けたまま皮霜造りにすると皮下に脂があって非常においしい。身が柔らかく崩れやすいため、生食の場合は昆布締めにするのもお勧めだ。

その他、照り焼き、塩焼き、干物(写真)、鍋物などで美味。また、ブイヤベースやグラタンといった洋風料理にも向いている。
ぶつ切りにしたアコウダイを具にした味噌汁にアシタバを散らしたアコウ汁は、伊豆大島では欠かせない郷土料理となっている。

干物は、開いて内臓やエラをのぞき、海水程度の塩水につけた後、風通しのよい場所で、半日ほど干し上げる 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.