さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ケンサキイカ【剣先烏賊】釣魚料理編

甘く濃厚な味わいで、美味なイカとして定評のケンサキイカ

 

【おいしさ度】★★★★☆

ヤリイカがさっぱりとした食感であるのに対し、ケンサキイカは甘く濃厚な味わい。イカの仲間ではアオリイカに次いでアミノ酸が多いとされ、美味なイカとして定評がある。
旬は春〜夏で、刺身など生食はもちろんのこと、焼いても甘く柔らかく、干物にしても味がいい。ケンサキイカで作ったスルメは、ヤリイカと並んで最高級品とされる。釣ったそばから、醤油とミリンなどを混ぜた漬け汁に入れていく沖漬けも絶品。
そのほかのイカ同様、寿司、煮物、揚げ物、パスタ、炒め物など、幅広い料理方法でおいしくいただける。

【パスタ】

刻んだニンニクを炒め、食べやすいサイズに切ったイカを軽く炒めてトマト缶を入れ、塩コショウでアジを整え、ゆでたパスタと絡める。ケンサキイカは軟らかくて歯切れがよく、うまみが濃くて美味。

【刺身】

釣れたてはやっぱり刺身で。脚と内臓、軟骨を抜き、エンペラを取って皮をむいて身だけにしたら、浅く切り込みを入れてから切り分けると、歯切れがよく食べやすくなる。納豆やキムチなどと和えたり、寿司ネタにするのもお勧め。

【塩辛】

ワタを活用した塩辛もお勧め。塩をふってひと晩おいたワタに少量の日本酒とミリンを加えてのばし、細く切ったイカの身とあえる。
さらに数日寝かせれば、味がなじんでいっそうおいしくなる。

【八宝菜】

プリプリとしたイカは、炒めるのもおいしい。イカの胴は格子に切り込みを入れてから長方形に切り、ゲソは食べやすく切って塩コショウで下味を付ける。
白菜、ニンジン、タケノコ、キクラゲなどと炒め合わせて、鶏ガラスープの素、醤油、酒、塩コショウで味つけし、水溶き片栗粉でトロミを付ける。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.