さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

バショウカジキ【芭蕉梶木】料理編

大型魚らしい繊維が強く脂肪の少ない赤身。ムニエルやフライで

【おいしさ度】★★★☆☆

肉は繊維質が強く脂肪の少ない赤身である。尾に近い部分には筋が多くてパサついているが、頭部に近ければ筋も気にならず、脂もあってなかなかうまい。味はマカジキ、クロカジキ、シロカジキに劣るが、油を使ったフライやムニエルがおいしい。

【生姜焼き】

食べやすい大きさに切ったバショウカジキに薄く小麦粉をはたいて、フライパンで両面を焼く。仕上げに醤油、酒、ミリン、おろしショウガを入れて煮立て、身に絡める。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.