さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

イシガレイ【石鰈】釣魚料理編

煮付けに代表される庶民のお総菜魚・カレイ。ホッとする味わいが魅力。 

【おいしさ度】★★★★☆

カレイ類は種類ごとに料理方法はそれほど違わない。煮付け、唐揚げ、干物などがポピュラーだ。
マコガレイとイシガレイを比べると、イシガレイは泥臭さが強く、食味は落ちるとされるが、これが良いという人もいる。
旬は、産卵期前の秋と、産卵後に浅場で栄養を蓄えた夏。また、秋~冬に抱卵するが、この卵も非常に美味だ。
小型であれば、丸ごと揚げるのがお勧め。身も骨も最後までおいしくいただくことができる。背骨や頭の骨は、身を食べてから再度揚げれば、サックリと風味よく仕上がる。
以下の料理方法については、マコガレイも同様の料理方法で楽しめる。

【煮付け】

夏が煮ると骨離れがよくて食べやすいし、とくに卵をもったものを煮付けたものは、お総菜の定番。
さっと湯通しするか熱湯をかけて冷水につけ、表面をかためるととも生臭さを取り、ウロコや汚れを取っておくと
煮崩れしにくく、美味しい煮付けができる。
醤油、ミリン、酒を好みの配合で煮立ててからカレイを入れる。ショウガの薄切りを加えてもよい。

【唐揚げ】

頭はそのままでも落としても良いが、あらかじめエラや内臓、ウロコなどは取り除いておく。
塩を振ってしばらく置いた後、片栗粉をはたいて揚げる。
油の中ではひっくり返さず、お玉などで油をかけながら揚げるといい。

揚げたカレイを醤油、ミリン、酒、だし汁、大根おろしの中でさっと煮たみぞれ揚げも美味。

【干物】

干物にすると、身が締まってウマミが凝縮され、保存もきく。
ウロコを金たわしなどでこすり落とし、エラと内臓を取り除き、塩水に漬けた後干し上げる。

 

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣魚料理大全・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.