さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ウメイロ【梅色】釣りの仕掛け編

船釣りのお手頃ターゲット。群れに当たると数釣りも!

【釣りやすさ】★★★★☆
【釣り場とシーズン】


食べて美味しいウメイロは、釣りの対象としても人気が高い。
伊豆諸島南部などでは、磯釣りの仕掛けにハリ掛かりすることもあるが、船釣りで狙うのが一般的。ただし専門の乗合船は出ていないため、五目釣りや大物泳がせ釣りの合間に狙うところが多い。群れに当たるとバタバタとまとめて釣れだし、仕掛けがややおおざっぱでも食ってくるアグレッシブな魚である。
仕掛けはサビキ仕掛けかテンビン仕掛けが一般的。いずれの仕掛けでも仕掛けを水底へと落とし、オモリが着底してからゆっくりと誘いをかけるのが基本だ。アタリは明確。ただし、ウメイロの唇は強くないため、ハリ掛かりしたあと強引にイトを巻き取るとバレるので注意しよう。

【沖釣り(サビキ仕掛け)】

仕掛けは幹イト6号、枝ス3号の5~7本バリ。スキン、ウイリー、魚皮などのデコレーション付きサビキと、アミコマセのコンビで釣る。オモリのサイズは釣り場の水深や潮速によって異なるが、一応の目安は水深30~50mなら50号、70~80mなら80号くらい。当日の状況に合わせて選択しよう。

【沖釣り(テンビン仕掛け)】

泳がせ釣り用の活きエサをオキアミコマセのテンビン仕掛けで釣っていると、ムロアジに交じってしばしばウメイロも掛かってくる。ムロアジ仕掛けは幹イト5号が標準で、ウメイロ狙いには少々強い。専門に狙うなら、2㎜径のクッションゴムを入れ、ハリス3~4号3m前後、下バリから1m上に枝ス1本を出した2本バリ仕掛けがお勧めだ。エサはオキアミを2匹掛けにする。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.