さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

シマガツオ【縞鰹・島鰹】釣りの仕掛け編

激しいファイトが特徴の外洋&深海の魚

 

【釣りやすさ】★★☆☆
【釣り場とシーズン】


シマガツオは外洋性の魚なので、船釣りで狙うのが一般的だ。
関東の一部の船宿では、数は少ないもののシマガツオを専門に狙う乗合船が出ている。また、ルアー釣りでは、チャーターボートで本種を狙う釣り人もいる。初心者でも比較的簡単に釣ることができ、また、激しく派手にファイトしてくれる引きの強さが魅力の魚だ。

【沖釣り(胴付き仕掛け)】

エサ釣りでは、比較的ライトなタックルで狙うとおもしろい。オモリ負荷80号程度、3m前後の胴調子の竿が使いやすく、タイコマセ用の竿でも十分楽しめる。仕掛けは、ハリ数2本、幹イト8号3m間隔で枝スは6号1mが標準。水中ライトや蛍光タコベイト、発光体なども有効だ。付けエサはサバの切り身がポピュラーだが、ヒイカやカタクチイワシの1尾掛けもいい。

【ルアーフィッシング】

シマガツオは、スロージギングの対象魚としても注目を浴びつつある。
竿は7~8フィートの専用竿が望ましいが、7フィート前後のライトクラスのジギングロッドでも代用できる。PE1~1.5号のメインラインに、ナイロン20~30ポンドのリーダーを3m前後接続する。
ジグは、スロージギング専用がお勧めだが、なければできるだけ扁平なものを選択しよう。重さは100~200gが目安。カラーはグロー系や反射光の強いメッキベースのカラーに実績がある。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.