“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ロウニンアジ【浪人鯵】釣りの仕掛け編

パワー、サイズともに最強の南海の好敵手

【釣りやすさ】★☆☆☆☆
【釣り場とシーズン】

パワー、サイズ、風格を兼ね備えたロウニンアジは、海の釣りにおける最高峰のターゲットのひとつだ。沖縄や奄美諸島ではGTを専門に狙うチャーター船を利用する。磯からは泳がせ釣りなどで狙うが、近年はルアーキャスティングゲームも人気だ。50㎏オーバーの夢の大物を求めて遠征する釣り人も多い。

 

 


ルアーをはじめ、エサ釣り、フライなどでも狙えるが、ルアーのキャスティングが人気

【ルアー釣り】

船から釣る場合、ロッドは8フィート前後のGT専用ロッドを使用するが、岸釣りでは9~12フィート前後のロングロッドが有利だ。いずれも、リールはドラグ性能に優た耐久性の高いものが必須。ミチイトのPEラインは4~8号が標準で、狙うポイントの状況によっては12号まで使用することもある。リーダーはミチイトがPE5号なら100~120ポンド、PE6号なら100~140ポンド、PE8号なら120~160ポンドが目安。

ルアーは、ポッパーやペンシルベイト、ダイビングペンシルなどが主流。地域や船宿によって狙うポイントの傾向に違いがあるので、ポイントに合わせたルアー選択が大切だ。

小魚のナブラをはじめ、リーフのきわや溝、海中の根まわりなどが好ポイント。釣り方はジャーキングやポッピンがメインだが、GT用のルアーは開発者の意図が強く出ているものが多いので、それに沿った使い方をすることが釣果に直結する。

【のませ釣り

船からののませ釣りでは、竿を強力な竿受けにセットし、トローリングリールの50~80ポンドクラスか、超大型電動リールで、掛かった魚を力ずくで釣り上げてくる、いわゆるウインチ釣法が一般的。しかし最近では、魚とフェアにファイトできるとあって、スタンディングによる呑ませ釣りが流行している。

図はスタンディング用のもの。ロッドおよびリールは、GT用キャスティングタックル、またはジギングタックルを使用。メインラインはPE5~12号で、リーダーはナイロン、またはフロロカーボンの170~220ポンドを4~9m接続する。オモリの使用の有無については釣り場によって異なるので、事前に確認を取っておこう。エサにはムロアジなどの小魚を使うのが一般的だ。

【ウキ泳がせ釣り

ロウニンアジは磯や堤防からも狙える。釣り方は、ウキ泳がせ釣りがもっともオーソドックスなスタイル。釣り場の近くに潮目ができていれば、そこがベストポイントとなる。

タックルは、離島仕様、あるいはクエ竿と呼ばれる磯大物用の竿に、頑丈で信頼性の高いドラグシステムを持った大型両軸リールの組み合わせ。ハリは、泳がせ26~30号かネムリの極軸太24~28号が標準だ。いずれも丈夫な根付けを介してハリスと結ぶ。根付けは、ケブラートなどの編糸で三つ編みし、5㎝以上編み上げるのが確実だ。

エサとなるムロアジやグルクンなどは、釣り場で釣るか、渡礁前に船からサビキなどで釣って釣り場に運び込む。エサの活きのよさが重要なので、小魚は子供用のビニールプールなどに海水を張って活けておくといい。装餌方法は、ハリを小魚の口からエラブタへ抜き出して、背に刺して掛ける。

ウキ下は水深の7割程度に設定し、ウキが流れにうまく乗るようにラインを繰り出してゆく。ロウニンアジがエサに食いつくと一気に根に入ろうと突っ走るので、腰を十分に落としてファイティングポジションを取る。

【フライ釣り

リーフ内の浅場では、小~中型の個体を狙うフライフィッシングが楽しめる。フライを沈めて使う場合は、リーダーやティペットにフロロカーボンを使用。サイトフィッシングで狙う場合は、ロングリーダー(10~13フィートまで)の使用が望ましい。また、サイトフィッシングで狙う場合は、できるだけ地味で目立たない色のフライラインを使用しよう。フライは、ポッパー、クラウザーミノー、クレイジーチャーリーなどが定番。カラーは、チャートリュース、タン、ゴールド、オレンジなどがお勧めだ。

砂地に点在する岩礁や藻などを目で確認し、潮の流れを計算して、フライをキャスト。リトリーブのスピードにはいろいろなパターンがあるが、基本はファーストリトリーブだ。ときに、イレギュラーなアクションを加えてヒットに持ち込もう。

【ルアー釣り(メッキ狙い)

ロウニンアジの幼魚であるメッキは、堤防や河口で手軽に狙える。小型でも強烈なファイトを楽しめるのが魅力だ。

タックルは、トラウト用、もしくはバスフィッシング用ロッドと小型スピニングリールの組み合わせが基本。ラインは、釣れる魚のサイズに応じて、ナイロン3~6ポンドの範囲で選択しよう。ルアーは、5㎝前後のミノープラグがメインだが、メタルジグやワーム+ジグヘッドなども効果的。活性が高いときには、トップウォータープラグで狙うとおもしろい。フラッシングを伴う激しいアクションで誘い、ヒットに結びつけよう。



↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.