“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

マサバ【真鯖】釣りの仕掛け編

全国各地で手軽に釣れ、食味も良い人気釣魚!

【釣りやすさ】★★★★★
【釣り場とシーズン】

サバは堤防や漁港、海釣り施設などで手軽に釣れるほか、ボート釣りや沖釣りにおいても比較的簡単に狙えるターゲットだ。

 


堤防、漁港、小磯、沖釣りなどさまざまな釣り場で比較的手軽に釣れるうれしいターゲットだ

【サビキ釣り】

堤防に回遊してくる体長15㎝以下の小サバは、サビキ仕掛けで釣るのが手軽だ。
足場が低い場所では渓流竿、高い場所なら小型のリールをセットした磯竿が使いやすい。サビキ仕掛けは、市販のアジ用のものを利用すればよい。

釣り方は、コマセ袋に解凍したアミエビを詰め、仕掛けを海中に下ろしてから竿を上下に振ってコマセを拡散させる。あとは、コマセの煙幕の中にサビキバリを同調させてアタリを待てばよい。ハリ掛かりしたサバは小型でも猛烈な勢いで横走りするため、オマツリを避ける意味でも多点掛けは狙わずに、一尾一尾ていねいに釣るほうがよい。

【カゴ釣り】

沖を回遊している良型サバを狙い撃ちにするなら、遠投できるカゴ釣りが有利だ。

ウキは中通しの遠投タイプ、遠投カゴはテンビン付きを使うとライントラブルしにくい。サビキ仕掛けは、アジ釣り用の長さを半分程度にカットして使用するとよい。

カゴに解凍したアミコマセを詰め、ポイントの潮上側にキャストしたら、ロッドを数回あおってコマセを拡散させアタリを待つ。アタリは比較的明確なので、ウキが消し込んだら確実にアワセを入れよう。

【ルアー釣り】

サバは、ルアーでも比較的簡単に釣れ、群れさえ寄っていれば爆釣も珍しくない。

ロッドは6~8フィートのシーバスロッドが基本で、足場の低い堤防ならバスロッドでも十分に楽しめる。ミチイトも細めのPEなら遠投も可能だが、ラインシステムを組むのが面倒ならナイロン8ポンドをルアーに直結するのがいいだろう。ルアーは小型のメタルジグのほか、ミノーやペンシルベイトなども楽しい。
ボートからジギングで狙う場合のタックルは、ライトジギング用のロッドとスピニングかベイトリールの組み合わせが使いやすい。

釣り方の基本は、メタルジグの高速引き。表層で食ってくることが多いが、反応がない場合はキャスト後にルアーをフォールして食いダナを探っていく。海面にナブラが出ていれば、その周辺を表層引きだ。



↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.