さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

イシナギ【石投】釣りの仕掛け編

100kg超もありえるため、念入りで確実な仕掛け作りが大切!

【釣りやすさ】★★☆☆
【釣り場とシーズン】


イシナギは国内に広く棲息しており、房総半島や相模湾、駿河湾などの一部ではイシナギ狙い専門の遊漁船も営業している。
イシナギ釣りのハイシーズンは5~7月の産卵期で、この頃、水深100m程度の浅場にやってくる群れを狙うことが多い。

【泳がせ釣り】

100kg級の超大物も狙える千葉県・勝浦沖で使われる泳がせ仕掛けの例。
使用タックルは、グラスソリッドの青物用ワンピースロッドと最大ドラグ設定が150㎏超のレバードラグリールの組み合わせ。仕掛けは50号以上の極太ハリスを使うため、結節には強化チューブやスリーブなどを使うなどして強度は万全にしておきたい。付けエサは、活きたヤリイカやスルメイカ、サバ、カマスなどを丸ごと装餌する。
タナは海底から少し切り、マメに底立ちを取り直しながら誘いを入れる。アタリがきたら早アワセせず、竿が完全に締め込まれてから渾身の力でアワセを叩き込む。

↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.