“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ムツ【鯥】釣りの仕掛け編

食味の良さには定評。沖釣りで狙うのが一般的!

【釣りやすさ】★★☆☆☆
【釣り場とシーズン】

30㎝未満の小型は沿岸に近い水深150~200m、60㎝未満の中型は水深200~300mくらいの場所がポイントとなるため、沖釣りで狙うのが一般的だ。ムツ釣りが盛んな関東では、東京湾口の浦賀水道、南房、東伊豆、南伊豆、伊豆七島などが好ポイントとして知られている。
ほぼ周年にわたって釣ることができるが、ベストシーズンは9~3月。地域や季節によって、深海~中深海と狙うタナが変わること、また、船宿によってはオリジナルの仕掛けを使用するところもあるので、タックルや仕掛けについては事前に確認することをお勧めする。
体長20㎝前後の幼魚は、堤防や小磯などからルアーやサビキ仕掛けなどで釣ることができる。

 


関東ではムツ釣りが盛んで、東京湾口、伊豆などが好ポイントとされる

【深海釣り】

図は、中型サイズまでを想定した仕様。リールはPE6号が300~400m巻ける小~中型両軸、または小型電動リールでカバーできる場合もあるが、300m以深を狙う場合はPE8号が600m以上巻ける深場専用の中型電動リールが必須だ。
付けエサは、サバの短冊の場合はハリ先にチョン掛けする。冷凍シコイワシの場合はアゴ掛けにするとトラブルが少ないが、誘いの動きを活かすなら目抜き掛けもお勧めだ。

仕掛けの着底後、しっかりとタナ取りをしてからアタリを待つ。ムツは上から落ちてくるエサに反応しやすいので、適宜、誘い落としの動きを演出してやると効果的。

【ルアー釣り】

ムツの幼魚が岸寄りに群れてくるのが、晩夏〜秋。この群れを狙って楽しむのが、ルアーのライトゲームだ。
タックルやルアーは、アジ用やメバル用を流用できる。ルアーはワーム+ジグヘットのほか、小型のメタルジグやミノーにも食ってくる。ジグヘッドは1〜2gのアジ用を使用すればよい。

釣り方は、ムツが回遊してくる根まわりやブロックのきわ、船道のカケアガリなどにルアーをキャストして、切れのいいトゥイッチングで誘ってくるのが基本。魚の活性に応じて、タナを刻みながら探っていくのがコツだ。


↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.