さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ホシギス【星鱚】釣りの仕掛け編

 棲息地が限定されるが、当地ではポピュラーな釣魚。

 

【釣りやすさ】★★☆☆

【釣り場とシーズン】


沖縄や奄美の全土で狙えるが、実際によく釣れるポイントはある程度決まっているので、地元の釣具店で教わるのが一番だ。シーズン的には、夏場はあまり釣れず、秋~冬がベスト。大物は1~3月が狙い目だ。
シロギスと同じように、投げ釣りやボート釣りなどで狙うほか、フライフィッシングで釣ることもできる。

【投げ釣り】

チョイ投げなら、仕掛けは8号前後のテンビンオモリに、全長70㎝程度のチョイ投げ仕掛けでOKだ。
広いサーフなどで遠投する場合は、図のように25号以上の投げ竿と投げ釣り専用リールの組み合わせを選択。ラインはPEの0.8号前後にチカライトを結節する。オモリは20~25号で、仕掛けは1.2mほどの吹き流しタイプとする。
付けエサは、沖縄の釣具店で入手できる「島ミミズ」が特効エサとして知られている。ただし、当地でも入荷が不安定なエサなので、本土から遠征する場合は保険としてチロリなどを持参する人も多い。それが面倒なら、現地で買えるアオイソメでも十分に使える。

【5月15日限定エントリーで10倍最大45倍】景山産業 投げ天秤 ラムダ連 ムク20号

価格:627円
(2020/5/17 16:31時点)
感想(0件)

【フライ釣り

とくに大型のホシギスは、フライにも果敢に反応してくる。タックルは6番前後で、ラインはシンキングタイプを使用。フライは、#12~10程度の小エビやイソメを模したボトムを狙えるタイプが人気。適宜、リーダーにもシンカーをつける。干潮時に浅場を攻めるスタイルが定番だ。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。

なお、当サイトの画像、テキストなど内容の無断使用はお断りいたします。ご使用希望の際は、お問い合わせください。

体験講座のご案内

釣り(海・川・湖。基本的に魚種ジャンルは何でもOKです)、投網、磯遊び、川遊び、野外料理ほか各種アウトドア体験、DIY(小屋作り、チェーンソー・工具体験など)の体験講座の講師を承ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.