“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

アカムツ【赤鯥】釣りの仕掛け編

沖釣りの人気ターゲットは、食味の良さからも人気!

【釣りやすさ】★★
【釣り場とシーズン】

アカムツは深海の底ダナに棲息するため、船釣りで、電動リールのタックルで狙うのが基本。
水深150〜200mほどの海域で、関東周辺なら常磐、南房、東京湾、東伊豆、南伊豆、駿河湾などが実績あり。
大規模な移動をしない魚なので、一年中狙うことが可能ではあるが、実際に船が出ているのは春〜秋の地域が多い。

 


遊漁のターゲットとしてはまだ歴史が浅いため、今後全国的に新たなポイントが見つかる可能性も高い

【胴付き仕掛け】

竿はオモリ負荷表示80~120号、長さ2m前後が使いやすい。電動リールは、PEの4号が300m以上巻けるタイプをセットする。ハリス間隔80~120㎝の2~3本バリの胴付き仕掛けで、オモリは150~200号。
付けエサは、サバやサンマの短冊、ホタルイカ、サケの皮などを使用する。
仕掛けを投入したら底立ちを取り、ゆっくりと竿いっぱい誘い上げたら、しばらく静止してからゆっくりと底まで下ろす。この間にアタリが出ることが多いが、この釣りでは早アワセは禁物。アタリが出たら少し待ってから聞き上げ、じっくりと食い込んでからリールを巻き取りにかかろう。

東京湾口などで水深60~80mの浅場を狙う場合は、50~100号をセットし、手動の両軸リールを使う事もある。魚のサイズも全体に小ぶりになるが、ライトなタックルで楽しめる。

【テンビン仕掛け】

テンビン式にする場合は、タックルは胴付き仕掛けと同じもので良いが、腕長35〜40cm程度の片テンビンを使い、仕掛けを全長4.5mほどの吹き流しにして、各ハリの上部にシモリ玉をセットする。オモリはこの仕掛けの場合も、150~200号。付けエサがフワフワと漂うようにすることで、魚にアピールしやすい。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.