さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

マハタ【真羽太】釣りの仕掛け編

引きの強さと食味の良さが人気!1m超の大物は“幻の魚”

【釣りやすさ】★★☆☆☆
【釣り場とシーズン】


房総や伊豆半島などでもマハタは多いが、超大型を狙うとなれば九州や南西諸島などが圧倒的に有利だ。一年中釣れる魚だが、食味の旬は夏となる。
マハタは水深50~200m程度の深場に棲息するため、船から釣るケースが多い。泳がせ釣りやジギングのほか、小〜中型のマハタはひとつテンヤでも狙える。


深場に棲息するため、船から狙うことが多い。泳がせ釣りのほか、ジギングやひとつテンヤなどで釣れる

【泳がせ釣り】

船からの泳がせ釣りの場合、ヒラメの仕掛けに準じたひとまわり強めのタックルを使用する。ハリス長やオモリのサイズは、釣り場の状況や船長の指示に応じて調整したい。根を積極的に狙っていく釣りなので、仕掛けの予備は多めに用意しておこう。付けエサは、活きイワシが基本。
底ダナを取りながらアタリを待つが、アタリはヒラメよりも明確に出る。一気に竿を引き込まれたら、アワセを入れつつ素早くリールを巻くことで、魚をできるだけ底から引き離すようにするとよい。

【ジギング】

ジギングでマハタを狙う場合は深場を攻めるケースが多いため、200g以上の重いジグをシャクることができるタックルを使いたい。図は大型のマハタを想定したもの。ラインの太さは釣り場の状況に応じて使い分けたい。根掛かりの多い場所では、ジグのフックはフロントのみとする。


↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.