“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

イセゴイ【伊勢鯉】釣りの仕掛け編

南海に多く棲息し、ゲームフィッシングのターゲットとして人気。

【釣りやすさ】★★★☆☆
【釣り場とシーズン】

イセゴイは70~80㎝ほどの大型も狙え、その強烈なファイトが魅力。世界的に有名なゲームフィッシュのアトランティック・ターポンに姿や釣り味が似ていると、わざわざ狙いに訪れる人もいる。

沖縄や奄美の全土でイセゴイは釣れるが、実際に釣りやすいのはエサとなる小魚が集まりやすい港の岸壁や河口域、水路など。港の場合は、夜間に常夜灯周辺に集まるイセゴイも狙い目だ。西表島では河川内でのカヤックフィッシングも人気。

 


河口域のマングローブ林などにも棲息するため、河口付近の浅場も釣り場になる

【ルアーフィッシング】

ルアーの場合、タックルはバス用かシーバス用を流用できる。PEライン先端にはショックリーダーとしてフロロカーボン3~5号を1mほど結節するが、イセゴイの歯はヤスリ状になっているので、より太めのリーダーを使うアングラーもいる。70cm級が釣れることもあるので、各々の結節部はしっかりと確実に結んでおきたい。
ルアーはミノーやペンシル、スプーンなどが使えるが、もっと小型のルアー、具体的にはメバルやアジ釣り用のワームや小型メタルジグのほうが食わせやすい。
釣り方はスローのタダ巻きが基本で、表層から探り始めて反応を見ながら徐々に狙いの層を下げていく。アタリがあったら、イセゴイの硬い口をフックが貫通するようにしっかりとアワセを入れよう。日中でも釣れるが、夜間の釣りも効果的だ。

【フライフィッシング】

フライの場合、タックルはシングルハンドの6番程度で十分に楽しめるが、ダブルハンドで遠投するアングラーもいる。
ラインはフローティングかシンキングのタイプⅠ。フライは#6~10程度のポッパーやストリーマーなど、比較的小型のタイプに実績がある。

釣り方はルアー同様に、魚のいるレンジを狙ったスローの棒引きが基本。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.