“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ヒラマサ【平政】釣りの仕掛け編

アジ科魚類で最大級! 釣り味も抜群!

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】

ヒラマサは全国各地で沖釣りの対象魚となっているが、とくに関東地方で人気の高い釣魚になっている。なかでも、ヒラマサを専門に狙うことができる「かもし釣り」が盛んな千葉県外房は有名な釣り場のひとつだ。

沿岸を回遊するので、時期によっては磯からも狙うことができる。伊豆七島、とくに神津島は大型のヒラマサが釣れることで人気がある。九州北部では、ルアーフィッシングの対象魚としても人気が高い。ジギングはもちろん、キャスティングでも楽しめる。


外房で人気の「かもし釣り」。大型の実績も高い。

 

【かもし釣り】

ヒラマサや大型のマダイを釣る、外房独特の伝統釣法。「ふかせ釣り」と呼ばれていた一本釣りの漁法を釣り人用にアレンジしたものだ。専用のかもしテンビンと、コマセを詰めるかもし袋を使い、集魚効果の高いサンマのミンチをコマセにするのが特徴。さらに、全遊動のかもしテンビンとナイロン製のかもしラインにより、浅い場所でも大型ヒラマサを獲れるバランスに優れた仕掛けを使った釣りといえる。

リールは、ミチイトにPEラインを使う場合は、6~8号が300m巻ける電動リールを、ナイロンラインを使う場合は、16号が150m巻けるレバードラグリールをセット。付けエサにはサンマのブツ、イカのゲソ、活きアジなどを使用する。活きアジを使う場合は、補助オモリの付いた仕掛けを使う。
詳細は、船宿から説明を受け、指示に従いたい。

【ルアー釣り】

オフショアのルアーフィッシングにおいても、ヒラマサは憧れの対象魚だ。トップウォータープラグやメタルジグのキャスティングで攻める場合は、9㌳前後のスピニングロッドが必要。ヒラマサは透明度の高い海域を好むといわれるので、メタルジグもナチュラルなカラーの実績が高い。トップウォータープラグは14㎝程度が標準だが、そのときヒラマサが捕食している小魚のサイズを見極めて、それに合わせるようにしよう。

ヒラマサゲームでは根まわりを狙うため、ヒットさせてからのやりとりが難しい。底からできるだけ誘い上げてからヒットさせるのも、大事なテクニックだ。釣り上げたときの喜びは、ブリ以上といえるだろう。

【カゴ釣り】

図は、磯からヒラマサを釣る場合のポピュラーな仕掛け。カゴ釣りではマダイメジナイサキなども狙えるが、ヒラマサを専門に狙うならミチイトやハリスはワンランク強いものが求められる。ただし、時間をかけてやりとりできる釣り場であれば、図よりワンランク弱いタックルでも大丈夫だ。ビギナーのうちは、トラブルの少ないスピニングリールもお勧め。コマセエサにはオキアミを使い、腹合わせにしたオキアミやヒイカを付けエサにする。

【泳がせ釣り】

活きアジや活きイワシなどが入手できる場所では、泳がせ釣りも盛んだ。仕掛けは、カゴ釣りの仕掛けからカゴを取ったものと考えればよい。ただし、活きエサを弱らせないように、ウキは若干小さくする。釣れている魚のサイズに合わせて、仕掛けの太さなどを調整しよう。エサには活きアジ、活きイワシのほか、イカ、小型のメジナやハナダイなども使われる。


 

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.