“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

エゾメバル【蝦夷目張】釣りの仕掛け編

北海道〜東北限定のターゲット。堤防や磯で手軽に狙える!

【釣りやすさ】★★★☆☆
【釣り場とシーズン】

エゾメバルは主に北海道に多く棲息しており、堤防や磯で入れ食いになることも珍しくない。東北でも、堤防のドンコ釣りでハリ掛かりしてきたり、船のカレイ釣りなどのゲストとしてもポピュラーなターゲットである。

釣り方は、通常のメバル釣りと同様にイソメエサを使ったウキ釣りやフカセ釣りのほか、ルアーフィッシングも楽しめる。より手軽に楽しむなら、ブラーやブラクリ仕掛けを使った釣りもお勧めだ。状況によっては、日中のフライフィッシングも楽しい。


北海道の堤防や磯ではワームなどで手軽に釣りが楽しめる。

【ルアー釣り】

ルアー釣りの場合は、本州のメバル釣りと同様のタックル、ルアーで狙える。ルアーはワーム+ジグヘッドが手堅いが、小型ミノーやメタルジグなどにも食ってくる。
ルアーでの狙い目は、潮通しのいい堤防先端付近や港内のスロープ周辺など。日中でも十分にヒットしてくるが、夕まづめ以降に常夜灯まわりなどを狙うと爆釣になることも珍しくない。
釣り方は、ルアーをポイントにキャストしてゆっくり引いてくればよい。日中は底層狙いが基本だが、夜間は中~表層でもヒットしてくる。

【ブラー釣り】

日中に確実に釣りたいならエサ釣りが無難。お勧めは、エゾメバルが潜みやすい堤防ぎわやブロックの陰をダイレクトに狙えるブラクリやブラーでの釣り。付けエサは生のアオイソメが最高だが、北海道の釣具店で売られている塩漬けのイソメでもよい。長さ5〜7cm程度に切って装餌する。

釣り方は、堤防やブロックの隙間に仕掛けを落とし込み、底を取ったら軽く上下に誘いを入れるだけ。アタリが出たら、即アワセして海藻や根にラインを巻かれないように寄せてこよう。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.