さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

スマ【須萬】釣りの仕掛け編

ルアーへの反応も良い大型肉食魚。夏から秋がとくに狙い目!

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】


国内の主な釣り場は、伊豆諸島、小笠原諸島、南九州、奄美諸島、琉球列島など。
スマは沖釣りでは比較的よく遭遇できるが、エリアによっては堤防や磯からでも十分に狙うことが可能だ。シーズン的には、夏~秋が狙い目となる。


写真は、八丈島の港。陸っぱりからのカゴ釣りやショアジギングで良型が狙える

【カゴ釣り】

堤防から狙う場合、人気があるのはカゴ釣り。外洋に面した潮通しのいい堤防で、足下の水深が十分にあればスマが回遊してくる可能性は高い。
磯竿の4号クラスを使用すれば100mほどの飛距離があるので、沖めを回遊する群れも直撃できる。
図は中型狙いの仕掛けで、大型が期待できる場所ならハリスを強くしたほうが万全だ。付けエサ、コマセともにオキアミを使用する。ウキ下は水深の半分ほどからスタートし、状況を見ながら調整していこう。

【ショアジギング】

スマがイワシを食って海面でナブラが発生している状況なら、ショアジギングで狙うのもおもしろい。
図は堤防からのライトジギング用。大型狙いでは、ショアジギング専用タックルを使いたい。使用ルアーはメタルジグが基本だが、状況次第ではソルト用のペンシルベイトや大型のミノーにも食ってくる。ジグにはアシストフックを装着するとバラシが少なくなる。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.