“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

カイワリ【貝割】釣りの仕掛け編

澄み潮より濁り潮やマヅメどきが狙い目。引きの強さが魅力!

【釣りやすさ】★★★★☆
【釣り場とシーズン】

カイワリは、船釣りやボート釣りで狙うのがもっともポピュラー。釣り方は、ビシカゴを使ったコマセ釣りとウイリーのシャクリ釣りがポピュラーな釣り方だ。アジ類全般にいえることだが、澄み潮より、濁りの入っている時、朝晩の薄暗い時に食いがたつ傾向がある。
伊豆半島の伊東沖では人気のあるターゲットで、盛夏と厳冬期の一時期を除いて、コンスタントに釣れる。乗合船が出ているほか、手こぎボートでの釣りも楽しい。

 


小型の船でのんびりと釣るスタイルも楽しい。群れで回遊するので釣れ始めたら手返しのよさも大切。

【沖釣り(ビシ仕掛け)】

120~130号のアジ用ビシやコマセカゴを使うため、使用するロッドはコマセが振りやすく、アタリが取りやすい1.8m程度の先調子のものが向いている。カイワリは口が軟らかいので、仕掛けには1.5㎜径、30㎝のクッションゴムを付けて口切れを防止しよう。

付けエサはオキアミがポピュラーだが、サバの短冊や小魚も使われる。オキアミは尾を切り、真っ直ぐになるようにエサ付けする。サバの短冊は、水中で回転しないように上端の中心にハリを刺すのがコツだ。また、キビナゴなどの小魚は下アゴから上アゴに通すようにハリを刺す。

仕掛けが着底したら、ただちに3mほど巻き上げてコマセを振り、底から5m以内の層を探るのが釣り方の基本。

【沖釣り(ウイリー仕掛け)】

タックルは、ボートアジと同じライトビシ用でOK。仕掛けは市販品のほか、ご当地のカイワリ特製仕掛けを売っているボート店もある。幹イト2~3号、ハリス1.5~3号・15~25㎝、枝間75㎝程度のものが標準だ。ハリはチヌバリ1~3号にウイリーを巻いたものを使う。なお、その日の状況によってはアジ用などのサビキ仕掛けのほうが食いがよいこともあるので、釣行の際は各種とりまぜて用意しておこう。

ウイリーのシャクリ釣りでは、なるべく少しずつコマセが出るように、ビシやコマセカゴのスリットを調整し、仕掛けを投入する。コマセの煙幕に仕掛けが同調するように、仕掛けをコントロールするのが肝心だ。


↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.