“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

イシガキダイ【石垣鯛】釣りの仕掛け編

イシダイと並ぶ磯のターゲットの王者。強靱なタックルで挑もう!

【釣りやすさ】★★
【釣り場とシーズン】

イシガキダイは水深50mくらいまでの岩礁帯に棲息しているため、磯釣りで狙うのが一般的だ。足元から深く、潮通しのよい磯がメインのポイント。潮表の溝や根ぎわを好むので、入念に狙ってみよう。小型は、堤防からでも比較的簡単に釣れ、船ではマダイ釣りなどの外道として掛かることもある。低水温だと極端に活性が下がるので、春~秋がシーズンとなる。

 


群れに当たれば数釣りができるため、船釣りのターゲットとして人気

【宙釣り】

磯釣り王国・九州で生まれた釣りが、持ち竿による宙釣り。足元の磯の斜面にコマセを入れ、イシガキダイを呼び寄せ、壁面にエサを這わせて釣るスタイルだ。

持ち竿で釣るので、竿は5m程度が扱いやすい。パワーはあるが、軽量でエサを食い込ませやすい軟調な穂先がベストだ。付けエサは、アサリ、アカガイ、ヤドカリ、カラスガイ、マガニ、ウニなど。エサ取りが少ない早朝などは、アカガイの身だけを4~5個縫い刺しにすると食い込みがよい。

釣り方は仕掛けをタナまで下ろし、手持ちでアタリを待つ。小さなアタリがあったら少しずつ竿先を送り、エサを食い込ませる。そして、大きな引き込みがあったら、強く竿を立ててアワセを入れる。

シマノ(SHIMANO) リアルパワー石鯛 MH540(並継) RPイシダイ MH540

価格:
51,634円

(2018/08/14 16:26時点 )

 

【LT(ライトタックル)石物釣り】

近年、注目されているのが、堤防からのライトタックル(LT)で狙う石物釣りだ。
獲れるアベレージサイズは1〜2㎏ほどだが、ライトなロッドを限界まで引き絞るファイトは病み付きになる。従来のヘビータックルでは見逃してしまう繊細なアタリをキャッチできることも魅力だ。
ロッドはひとつテンヤ用やティップラン用などの穂先が柔軟で、かつある程度のバットパワーのあるものを使用。リールは中型のスピニングでOKだ。ラインはPEとして先イトを結節する。オモリは潮やウネリの状況で重さを使い分ける。
付けエサはウニの芯やヤドカリ、カニ類、貝類などがメインで、ワームを使う人もいる。

釣り方は仕掛けをポイントに軽くキャストして着底させたら、ミチイトを張らず緩めずの状態でアタリを待つ。ときおり、軽く誘いを入れても効果的だ。アタリはいきなり強烈に出ることもあるが、フワフワとした小さなアタリも多い。いずれも、じっくりと食わせてから確実にアワセを入れよう。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

西野弘章 五目釣り師 竹岡にてマダイ釣り

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.