さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

マルソウダ【丸宗田】釣りの仕掛け編

ヒラソウダと同様、弾丸のような引きが楽しめる!

【釣りやすさ】★★★☆☆
【釣り場とシーズン】


マルソウダは、夏のハイシーズンになると比較的大きな群れで堤防や海岸まで接岸してくる。場所によっては車横付けで気軽に狙えるので、ファミリーやグループにも人気のターゲットだ。ヒラソウダよりも広範囲を回遊するため、岸釣りだけでなく、ボートからなどでも楽しめる。
釣り方としても、ヒラソウダと同様に、カゴ釣りや弓ヅノ、ルアーなどで狙える。


堤防からフライで釣れたマルソウダ。条件によってはルアーより釣れることもある

【カゴ釣り】

カゴ釣りの場合は、吹き流しのサビキ仕掛けを使うのが一般的だが、下オモリをセットした胴付き仕様でもよい。その場合は、カゴウキにコマセの重量もかかるため、それを考慮してオモリを選ぼう。サビキ仕掛けは市販のものをハリ数が3本程度になるようにカットして使う。
魚の群れが表層に浮いている状況では、ブリッジ仕掛け(ヒラソウダのページを参照)も効果的だ

【フライフィッシング】

釣り場によっては、フライフィッシングで楽しむことも可能。ソウダの群れがシラスなどの小さなベイトに着いているケースでは、ルアーよりもフライで狙うほうが断然、ヒット率は高くなる。
ロッドは7番前後が基準で、遠投重視ならダブルハンドを使うのもよい。ラインは魚のタナに合わせて、フローティングとシンキングを使い分ける。フライパターンは、シンセティック素材などを使ったシラスのイミテートが最強。
なお、オーバーヘッドキャストでフライを振り込む場合は広いバックスペースが必要となるため、背後を人が通るような場所での釣りは控えたい。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.