“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

キュウセン【求仙・九線】釣りの仕掛け編

関東では外道扱いされがちだが、瀬戸内など西日本では人気の魚!

【釣りやすさ】★★★★
【釣り場とシーズン】

瀬戸内エリアではキュウセンの沖釣りが盛んなほか、海釣り公園などの陸っぱりでもベラ釣り大会が開催されるほどの人気ターゲットである。一方の関東エリアでは、キュウセンの魚影は濃いものの専門に狙う人は少ない。

エリアによっては一年中狙えるが、水温の上昇している夏~秋が釣りやすい。また、キュウセンは夜に休眠する魚なので、時間帯としては日中メインのターゲットとなる。

下記の釣り方のほか、足下から水深のある磯場や堤防などでは胴付き仕掛けでのミャク釣り、根が多いポイントでは棒ウキを使ったウキフカセ仕掛けで狙う方法もある。

 


根が点在する砂底や砂礫底でよく釣れる。岸壁、堤防、磯で手軽に狙えるほか、西日本では沖釣りも人気。

【投げ釣り】

投げ釣りの場合は、あまり根が多いポイントだと根掛かりが多発してしまうため、砂地に根が点在したエリアが釣りやすい。

根まわりを攻めるので、ハリは1~2本程度と少なめにしておく。ハリの種類は、吸い込みのいいキツネ系のキスバリが基本。オモリは、根掛かりに備えて浮き上がりのいいジェットテンビンタイプを使うとよい。付けエサは、アオイソメやイワイソメなどを使用する。

ポイントに仕掛けを投げ入れたら、海底で仕掛けを誘い続けることがコツ。軽めのオモリを使って、仕掛けを潮流に乗せて流し釣りするのも効果的だ。

 

【沖釣り】

遊漁船やボートから釣る場合、根ぎわを中心に攻めることと、仕掛け絡みを極力少なくする意味で、胴付き仕掛けが使いやすい。西日本エリアの釣具店では、ベラ専用仕掛けとして販売している。竿はカワハギ用が流用できるほか、穂先の感度に優れるシロギス用もお勧めだ。

付けエサはイワイソメやモエビなどの食いがいいが、アオイソメやオキアミなどを使う人も多い。

食い逃げを防ぐ意味でも、つねに誘いと聞きアワセを駆使しながら、小さなアタリをしっかりとキャッチしてみたい。



↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.