さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

ギスカジカ【義須鰍】釣りの仕掛け編

北国の投げ釣りターゲット。夜釣りが有利だが日中でもOK!

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】


ギスカジカは1年中釣れるが、水温が下がり始めると、エサを求めて浅場の岩礁エリアに接岸してくるため、また産卵のために接岸するため、北海道では秋~冬シーズンにおける投げ釣りの好ターゲットとなっている。
釣り場としては、磯まわりやゴロタ場の他、堤防や漁港、根の点在する砂浜などでも楽しめる。本格的に型の良いものを狙うなら夜釣りが有利だが、日中の堤防釣りの気軽なターゲットとしても十分に楽しめる。
下で紹介している胴付き仕掛けの投げ釣りのほか、チョイ投げでも十分に楽しめる。

磯まわりやゴロタ場、堤防などで釣れる。夜釣りの場合は防寒装備やライト類などが必須。

【投げ釣り】

タックルは、4.2m前後30号クラスの投げ竿に大型スピニングリールをセット。ラインはナイロン6~8号が標準だが、PE3~4号程度を使う人も多い。
仕掛けは、根掛かりに強い胴付きタイプが基本。集魚効果に優れるイカゴロ(イカの内臓)をエサに使う場合は、孫バリやネットを使用した専用仕掛けが必要になるが、これは釣具店で入手できる。
イラストは上側を食わせバリ、下をイカゴロをセットできる孫バリ仕様にした例。オモリは、30~40号を釣り場の状況で使い分ける。付けエサは、サンマやソウダガツオの切り身などが定番だ。
釣り方は、ギスカジカが好む根まわりに仕掛けをキャストして、置き竿でアタリを待つ。イカゴロを使う場合は、仕掛けがかなり重くなるのでチョイ投げで釣れるポイントを選びたい。アタリは明確なので、確実に竿を立ててフッキングさせよう。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.