“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

クロマグロ【黒鮪】釣りの仕掛け編

マグロのなかでも最大級のターゲット!若魚なら比較的釣りやすい

【釣りやすさ】★★☆☆
【釣り場とシーズン】

クロマグロは古くから釣りの対象として親しまれてきたため、釣りの仕掛けもじつに豊富。
フカセ釣り、グミ引き、ヒコーキ引き、バクダン引き、泳がせ釣り、メジ狙いのカッタクリなど、全国各地にさまざまな仕掛けが存在する。それぞれ違った釣趣があり、多くの釣り人たちを虜にしてきた。

職漁師の釣り場としては青森県の大間町などが有名だが、関東近辺ではクロマグロの若魚の「メジ」とカツオを両狙いする“メジ・カツオ船”の乗合が出ている。また、最近では大型の成魚専門の乗合船も多く出ている。


成長すると800kg以上にもなるクロマグロだが、若魚狙いは遊漁船も出ており、一般の釣り人でも釣ることが出来る

【コマセ釣り】

イラストは、カツオとの両狙いでメジを釣るための仕様。
引きが強く、短時間に連釣することがあるため、軟らかくて長い竿は不向き。反面、硬過ぎる竿も、イトと釣り人に負担がかかり、イト切れ、破損の心配がある。理想はワンピースタイプのショートロッドで、長さ1.8~2.4m程の7:3~6:4調子の胴がしっかり残る竿がよい。リールは、ひと巻き当たり80㎝以上の巻き取りスピードと、トルクがあるもので、しっかりと握れるハンドルを装備したものが望ましい。ハリスは10〜18号が目安だが、大型が出る釣り場では24号までを用意したい。付けエサとコマセは、ともにオキアミを使用する。

釣り方は、船長の指示したタナを中心に、コマセを撒きながら誘い上げる動作で食いを誘う。魚がハリ掛かりしたら、魚が突っ走っているときに無理に巻き上げようとするとハリスが切れたり、口切れを起こすことがある。竿をためて持ちこたえ、頭をこちらに向けさせたところで巻き取りに入るのが基本だ。魚が船べりに近づくと、輪を描くような泳ぎで上がってくるので、その方向を見定めてタモを入れる。

【カッタクリ釣り】

手釣りは小型狙いが中心となる。コマセカゴのサイズは地域や船宿によって制約があることもあるので、事前に船宿へ確認を取ること。バケはバラフグ、ハモ、シャミ、サメ腸、ナマズなどがあるが、潮が濁っているときは白っぽいバラフグなど、潮が澄んでいるときは黒っぽいナマズ等が適している。皮を使ったバケは、使用する前に最低10分は海水に浸しておくこと。

釣り方は、ステンカンにアミコマセを八分目ほど詰め、仕掛けの上にテンビンが乗らないように注意しながら投入。指示ダナまで下ろし、ハリス分をたぐり、そこからカッタクリの動作に入る。船べりから自分の目の前までミチイトをたぐると同時に、反対の手は目の前でそのイトを取る。この動作を、両手で漢字の「八」の字を下から描くように行うのがカッタクリの基本。このとき、ギュン!とたぐってから1~2秒の静止を作ることが重要だ。

竿カッタクリの場合は、手でシャクる代わりに、竿を水面から目線の上まで引き上げポーズ、つぎに竿先を海面に戻しながらリールを1~2回転巻く動作を繰り返す。

【ルアー釣り(キャスティング)】

2009年に、スピニングタックルのキャスティングゲームで236㎝・187㎏という超大型のクロマグロがキャッチされ、話題となった。キャスティングゲームの基本は、クロマグロが捕食中のナブラへルアーを投げること。ナブラから外れるとヒット率が極端に低下するので注意しよう。

図は、70~100㎏クラスの超大物をターゲットにしたヘビータックルの例。キャスティングゲームで重要なのは、食べているエサ(ベイト)にルアーの大きさを合わせること。状況に応じて、サイズや特性を考慮したルアーを用意しよう。日本近海で多いエサは、カタクチイワシ、マイワシ、マイワシ。トビウオ、サンマなど。

【流し釣り】

沖縄のパヤオや島の間の水道、また回遊コースにあたる溝状の海底の海など、特定の海域に足を止めるクロマグロを活きエサで狙う釣り方。

図は、超大物仕様。現在では、クロマグロ専用の仕掛けセットも販売されている。なかには、現役マグロ漁師が長年の経験と知恵を活かし、必釣を期して使用しているという漁師手作りの専用仕掛けまで登場。初心者は、こういった仕掛けを利用するのも手だ。ただし、仕掛けは船宿によっても多少異なってくる。こだわりをもっている船長も多いので、釣行前にきちんと確認しておくようにしよう。

船は潮に乗せて流し、ポイントの潮上から活きエサの泳ぎに合わせてラインを繰り出す。サバやアジなどの活きエサを使う場合は背掛けにし、イカの活きエサなら胴頂に浅く刺すか、孫バリを遊動式につけて、孫バリを胴頂、親バリをロート管に刺す。


↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.