さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

キュウリウオ【胡瓜魚】釣りの仕掛け編

北海道限定のターゲット。堤防釣りや氷上の釣りで狙える。

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】


キュウリウオは、北海道各地の港や岸壁などで釣ることができる。釣り方は、サビキ仕掛けや胴付き仕掛けでのミャク釣りが人気だ。シーズンは秋〜冬がメイン。
冬期、水面が結氷する河口域や汽水湖では、氷に穴を開けてアイスフィッシングも楽しめる。風蓮湖、サロマ湖、能取湖などが人気の釣り場。釣り方はサビキ仕掛けと同様だが、付けエサにはベニサシも使われる。


潮通しのいい港や岸壁などがポイント。その日の条件でタナが違うので、広く探ってみよう。

【ミャク釣り】

ミャク釣りではコマセを使わず、回遊してくる群れを待ち受けて釣るのが基本。この場合、ハリに短くカットしたアオイソメを装餌すると食いがよくなる。基本的にタナは底付近だが、その日の条件や釣り場によって回遊する泳層が違ってくるため、アタリが出ないときはタナを幅広く探ってみたい。

【ルアー釣り】

キュウリウオは小魚を捕食するフィッシュイーターでもあるので、小型のワームやマイクロスプーン、マイクロバイブレーションなどを使ったルアーフィッシングでも楽しめる。タックルは軽量ルアーをキャストできるメバル用のロッドなどを流用するといい。日中でも釣れるが、30cm級の大物を狙うならナイトゲームが有利。



↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.