“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

カサゴ【笠子】釣りの仕掛け編

各地で釣りのターゲットとして親しまれている根魚の代表格!

【釣りやすさ】★★★★
【釣り場とシーズン】

カサゴは堤防や磯まわり、ゴロタ場などの岩礁帯に棲息しているので、根掛かりに考慮した仕掛けや釣り方が必要だ。また、沖の深い根や沿岸でも岸からは届かないポイントは沖釣りで狙う。

 

 


大きな口で、動くものへアタックするカサゴ。さまざまな釣法で楽しめる

【探り釣り】

岩礁や消波ブロックの隙間にエサを落とし込んだり、軽く投げて海底を探りながら釣る方法。

ポイントを広く探るには4.2~5.3mの長さのある磯竿が有利だ。また、足元を狙う場合は6~7フィートのルアーロッドが使いやすい。仕掛けはミチイトにブラクリなどを付けたシンプルなものだが、ひらひらとアクションしながら沈下する「ブラー」などの短冊型オモリを使うとアピール度がアップする。エサは、アオイソメやサンマの切り身などが一般的。

ポイントに仕掛けを投入し、できるだけ海底近くまで落とし込んでいくのが基本。アタリがあったら即アワセして、カサゴを根(障害物)から引き離そう。
アイナメクロソイギンポなども同様に釣れる。

1〜1.5程度の硬いノベ竿(竹竿で十分)に短いミチイトを付け、磯に立ち込んで竿先ごと岩の隙間に突っ込むようなつもりで探っていく釣りも楽しい。

【ルアー釣り】

海底をじっくり探るなら、ワームのテキサスリグが一番。ワームは上下動で誘えるホッグ系と、スイミングで使うシャッド系を用意しよう。カサゴのエサとなる小魚が多い状況では、ミノープラグも効果的だ。あまり使われないが、沈めたり泳がせたり多彩に使えるスプーンも便利。

【投げ込み釣り】

磯や岩礁の多い堤防などでは、投げ込み釣りも人気だ。

岩礁帯は根掛かりが多いので、胴付き仕掛けでエサ(ハリ)が底を離れるようにして、オモリは捨てイトで接続しておく。エサはイソメ類やイカの短冊などを使う。また、サンマの短冊の塩漬けも食いがいい。

仕掛けを投入したら置き竿でアタリを待ち、アタリがあったら確実にアワせる。魚が掛かったら根に入られないように、一気に巻き上げるのがコツだ。

【沖釣り】

カサゴは沖釣りでも人気の魚。竿や仕掛けは各船宿で推奨するものがあるが、胴付き仕掛けで狙うのが一般的だ。図は浅場で釣るときの仕掛け例。

メバルほど根から浮き上がってこないので、きちんと底を取ることがカサゴの釣り方のポイント。根掛かりを嫌がって仕掛けを底から離しすぎると釣果が上がらない。

↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.