さすらいの五目釣り師が送る千葉内房発・釣りのサイト

クロソイ【黒曹以】釣りの仕掛け編

ルアーにも果敢にアタックして来る、アグレッシブさが楽しい!

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】


投げ釣り、ウキ釣り、穴釣り、またルアーのメインターゲットとしても人気が高いクロソイ。大物を釣る場合は船釣りが有利だが、クロソイが着く根は極めて狭く、ときにはピンポイントのところもある。こうした根を釣らせるには、船頭の腕がものをいう。


防波堤の足元狙いから船釣りまで、各地で釣ることが可能。

【ルアー釣り】

クロソイが潜むのは、水深の浅いゴロタ場や堤防のきわなど。ハイシーズンは、ルアーにもどんどんアタックしてくるので、根掛かりを恐れずにタイトに泳がせよう。活性が高いときには、6~10㎝のフローティングミノー、ゴロタ場では5㎝前後のポッパーもおもしろい。ワームをゴロタの穴に落とし込んでも釣れる。2インチ前後のワームを2g前後のジグヘッドにセットして使用する。
図は、体長30㎝くらいまでのクロソイを狙うための仕掛け。ロッドは、6フィート程度のロックフィッシュ用ロッドやバスロッドを使用する。ラインはやや太めのナイロン8ポンド前後を使うと根ズレにも安心だ。

【沖釣り】

沖釣りの場合は、胴付き仕掛けのエサ釣りが一般的だ。付けエサにサンマ、サバ、イカなどを使用するときは、幅1~2㎝、長さ8㎝くらいの短冊形にして、ハリにチョン掛けする。コウナゴは1尾掛けで、口の下から上へとハリを刺す。イワイソメやエラコ虫は、ハリいっぱいに刺してハリ先を出し、3㎝ほど垂らすのが基本だ。
仕掛けを底まで沈めたら、イトを張り、ゆっくりと誘い上げ、沈め、たるませ、張り、誘い上げ、沈め……と、エサに動きを与えてクロソイの捕食意欲を刺激するのがコツ。アタリがあったら、即アワセはせずにひと呼吸置いてエサを確実に食い込ませ、竿を立てる。アワセが早過ぎるとエサを食いちぎられ、遅いと根に潜られてしまうので注意。


↓こちらもあわせてどうぞ


日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池・・・と、ホソのマブナから南海のジャイアント・トレバリーまでを釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
出版社で雑誌編集に携わった後、独立。それを機に家族とともに房総の漁師町へ移住する。釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者。詳しくはこちらへ。




日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.