“五目釣り師”西野弘章が贈る釣りの大百科&情報サイト!

ツムブリ【紡錘鰤・錘鰤】釣りの仕掛け編

激しいファイトが楽しいルアーの好ターゲット!

【釣りやすさ】★★★☆
【釣り場とシーズン】

ツムブリを専門で狙うことは少ないが、ひとたびハリ掛かりすると激しい突進を見せ、勇猛なファイトを堪能させてくれる。
主にサンゴ礁域や岩礁域の外洋の中~表層に棲息している魚なので、船からのトローリングやルアーフィッシング、ベイトフィッシングなどで狙うのが確実だ。とくに、パヤオや潮目まわりが絶好のポイント。季節的には夏~秋に釣れることが多い。

 


主にサンゴ礁域や岩礁域の外洋に棲息するため、主に船釣りで狙うことが多い

【ボートルアー】

ロッドは、6~8フィートのオフショアロッドが適している。ルアーは40~60gのメタルジグが中心で、ほかに11㎝前後のミノープラグ、シンキングペンシル、トップウォータープラグなども用意しておくと、状況に応じたゲーム展開ができる。

釣り方は、夏のオフショアのシイラ釣りのようなイメージで、ポイントとなるパヤオや潮目などに船を寄せてルアーをキャストする。相手は高速魚なのでファストリトリーブが基本だ。魚が上ずってきたら、トップウォータープラグで狙ってみるのもおもしろい。

【泳がせ釣り

ツムブリは、水深があって潮通しのよいところなら磯釣りで狙うこともできる。釣り方は、活きた小魚をエサにした泳がせ釣りが楽しい。
大物狙いの場合、タックルはイシダイ竿に大型両軸リールの組み合わせが確実だ。ラインはナイロン20号。根付けで曳き縄バリや泳がせバリ15~16号を直結する。

エサの小サバやムロアジなどはあらかじめサビキ仕掛けなどで釣っておき、活かしたまま磯へ持っていく。同じ場所で釣ってもいいが、いずれにしても魚を活けておくための入れ物が必要。エサが弱らないよう、新鮮な海水を定期的に補給しよう。

活きエサの背にハリを刺して仕掛けを投入したら、エサの動きに合わせてラインを送り出す。早アワセは禁物で、竿先を揺らす前アタリの後、一段と激しい本アタリの引き込みがあったら渾身の力で竿を立ててアワせる。


↓こちらもあわせてどうぞ


 

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

プロフィール

生まれ故郷近くを流れる利根川・手賀沼にはじまり、国内外の海・川・湖・沼・池を釣り歩く「さすらいの五目釣り師」。これまで釣った魚は350種以上。また、生来の手作り好きが高じて、20代はログビルダー、塩作りなどの職も経験。
釣りの楽しさ、DIY・田舎暮らし&自給自足、アウトドア、料理、保存食などの世界を紹介するライターおよび編集者として独立。自著執筆のほか、多くの雑誌・書籍の編集に携わる。TVCFなどのフィッシングアドバイザー、DIYアドバイザーも務める。
詳しくは→プロフィール
近況は→ブログ

姉妹サイト

小屋大全

DIYとセルフビルドの新しいサイトです!

房総爆釣通信

旧サイト。後日、現サイトに内容移行予定です。

お知らせ

日本の釣り大百科 釣りの仕掛け講座・海水魚編

PAGETOP
Copyright © 房総爆釣通信 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.